住宅ローンの支払いに困ったら

住宅ローンの支払いが困難な時

住宅ローンの審査が通らない困難な時の対処法など

審査をパスするポイント

希望通りに住宅ローンが通らない秘密は数種ありますが、これらを押さえておくことが上手く審査をパスするポイントです。 住宅ローンが通らない理由、審査で承認を得られない要因は4つほどの理由に大別できます。 健康状態や年齢、そして返済額の割合や債務状況が関係してきます。

年齢とは、住宅ローンの申し込んだ現在の年齢ではなく、完済時の年齢のことで、大体70歳から80歳に決められています。 住宅ローンの借り入れ年数と現在の年齢を考慮に入れて、審査に通るか通らないかはわかるでしょう。 債務状況ですが、今考えている住宅ローン以外の契約の残りがどれだけあるのかが注目すべき部分になります。

キャッシングやカードローンといったサービスの利用で滞りなく返済できないなどの事故が見られると、審査が通らない場合があります。 どんな借金でも、毎月の返済についてはきちんと払っているということが肝心です。 健康状態に関しては、返済が長期に及ぶ住宅ローンを安定して返済できる身体であるかどうかが焦点となります。 住宅ローンの借り入れと一緒に加入が求められる団体信用生命保険にもし加入できない場合、審査に通らない理由になる場合があります。

住宅ローンの審査で一番考慮するべきなのは、返済額の割合が多くなりすぎないことです。 手持ちの資金が少ないと審査が通らないことが頻発しているのは、返済のための負担率が高くなるという理由です。

返済負担率というのは、住宅ローンの年間返済額を年間収入で割り、出た数値に×100をすることによって計算することができます。 住宅ローンの審査が希望に反して通らないことが予想されるのは、返済負担率が3割以上となってしまった状態です。

ちなみに、住宅ローンの他の借り入れ金額に関しても含めて計算しますから、ハードルは高めです。 住宅ローンの利用に大きく関わる審査基準は、提供する各金融機関が個別に設定しているので、実際に申し込みをする前に確認することが大切です。

大切なのは借り入れが済んでから

住宅ローンの審査が通り、無事ローンを組んだ後は返済計画が大切です。このご時世ですからボーナスが無いということも考慮しておかなければいけません。また急な出費が重なる時だって考えられます。

どうしても返済が難しい時はカードローンなどの利用も考えましょう。返済不履行をするくらいなら借金が増えた方が履歴が傷つかない方がましです。

なお住宅ローンは年収の三分の一しか借りられない総量規制の対象外です。ですから返済不履行が無ければ履歴は真っ白。堂々と借り入れを行いましょう。現在のカードローンは低金利のローンが多くなっていて、一時的な借り入れには最適です。

逆にクレジットカードのキャッシングには要注意。クレジットカードの分割やキャッシングには非常に高い利息が付きます。カードローンの場合も契約額が少ないと利息は高いのですが、極度額契約ですので額を大きくしておけば非常に低い金利で借り入れが可能です、目いっぱいの枠で契約しておきましょう。

またカードローンの場合、即日融資に対応している会社も多く、急な出費には本当に強い味方です。借り入れしなければ金利も付きませんし、初めての借り入れに対し無利息期間がある場合も多いので、契約をしておくと良いでしょう。